15年前にマンションを購入し、その際息子さんがローンを組む予定でしたが、勤続年数が短かった為、融資が通らず、ご主人様がローンを組みました。
その後息子さんが再就職し同居をし、当初の予定通り返済は順調でした。
しかし数年後急に地方転勤になり、地方にアパートを借りなくてはならなくなりました。
当然マンションの方の支払はできなくなり、お父様の年金及びアルバイト収入でローン返済を賄う事になりました。
しかし、お父様のアルバイトも年齢的に難しくなり、結局年金からの返済の為、これ以上の返済は不可能との事で、ご夫婦からご相談を頂きました。
残りの返済年数が15年もある事から返済を断念せざる得ないという事でした。
ご夫婦は、この年齢で住宅ローンの為に生活を切り詰めるよりも、ゆとりのある老後を希望されていらっしゃいます。